種類と特徴について

がん保険選びのポイントで一番大切となるのは、その種類で、自分がかかるリスクの高いと思われるガンに関して手厚く補償を受けられるものを選ぶ必要があります。通常のがん保険の場合は、皮膚がんなどが含まれない場合が多いのですが、遺伝的に皮膚がんが予想される場合には、補償内容に皮膚がんを含んでいるものを選ぶ必要があります。がん保険の特徴的な保障内容としては、最新医療を受ける際の医療費を全額負担する保険商品などで、普通の医療保険の場合には最新医療に関する記述はオプション契約となる場合が多い、またガンの場合には入院の期間が長くかかる場合があることや、手術が終了した後にも不自由な生活が強いられることが多いことから、保険期間が長くなっていることも特徴です。胃がんなどの場合には手術後は食事以外では普通の生活を送ることができますが、大腸がんなどの場合には、人工肛門などを使用して日常生活を送る可能性も考えられるので、これらの不自由な生活を補うことのできる金額の補償が必要となります。また女性特有のガンとされる乳がんなどの場合は、手術後に腕のリハビリなどが必要となる可能性があるので、手術後のリハビリに関する契約を確認しておく必要があります。