長期療養の可能性とその費用

医療保険を掛けていて病気になれば、給付金を受けることが出来ます。給付金のうち入院給付金では、文字通り入院費用が補償されます。
現代人がかかる病気の1つに、がんがあります。発症すれば大抵の場合、手術をして摘出しなければなりません。しかし、がんは死につながる恐ろしい病気です。運よく早期発見出来れば短期間の治療で済みますが、発見が遅れて転移なども見られる場合は、薬の投入や放射線治療も行いながら、長期間にわたって治療を受けなければならなくなります。
治療が長期化すると問題になるのが、入院費です。入院日数が長くなれば入院費も莫大になり、家計を大きく圧迫してしまいます。保険を掛けていれば、入院費用はある程度給付金で賄うことができますが、ほとんどの商品では、支払限度日数が設定されていますので、それを超えると、医療保険では無補償となってしまいます。
それを避けるためには、長期療養になっても大丈夫なように、日数を長く設定して契約した方がよいですが、長くすると、今度は毎月の保険料が高くなってしまいます。そのため、支払限度日数と保険料のバランスを考えながら契約するとよいです。統計によると、入院患者の約90%が、2ヶ月未満で退院していますので、60日あれば多くの場合、カバー出来るといえます。